このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
support003@z.combz.jp

\最大50万アドレス/
大規模・多店舗・営業マン別

メールマーケティング

  • ブランドを複数展開している
  • 支店や支社を複数持っている
  • 営業マンが複数人いる

このような方は配信先が多くなりがちですね。
コンビーズメールプラスは、低価格ながらも50万アドレスまでの大規模配信にもしっかり対応。「サブアカウント管理オプション」で複数のアカウントを並列で管理できるので、規模の大きな配信にオススメです。

コンビーズメールプラスとは

コンビーズメールプラスの概要と特徴を見ていきましょう
2002年からの歴史と

20,760社超の導入実績!

コンビーズメールプラスは、複数のブランドを展開しているECサイト事業者、営業一人ひとりに担当顧客が付く業界などに適したメール配信システムです。
ブランド管理者、一人ひとりの営業マンごとにサブアカウントを持たせることで、自主的なメールマーケティングを行えます。

コンビーズメールプラス 3つの特徴

メール配信を簡単に
かんたん
初めてメール配信システムを使う方でも使いやすい管理画面を用意しています。
普段からメルマガを書いていない営業マンや、新入社員の方もすぐに使えます!
メール配信システムを安心安全に
安心
24時間監視システムにより、安全に配信していただけます。
1契約で複数の人が使うことになっても、それぞれのアカウントの顧客情報はお互いに閲覧できないようになっているため、悪用の心配もありません。
低価格なメール配信システム
低価格
コンビーズメールプラスの配信エンジンなどの仕組みは、すべて自社開発。大量の顧客リストも取り込め、一度に50万通まで配信可能。このような大型の配信の方でも、リーズナブルな価格で提供できます。
低価格なメール配信システム
低価格
コンビーズメールプラスの配信エンジンなどの仕組みは、すべて自社開発。大量の顧客リストも取り込め、一度に50万通まで配信可能。このような大型の配信の方でも、リーズナブルな価格で提供できます。

コンビーズメールプラス 最大50万アドレスの大規模配信向け機能

サブアカウント管理

メール配信のアカウントをサブアカウント化
サブアカウント管理は、管理者アカウントの配下にいくつでもサブアカウントを作成することができるオプション機能です。
サブアカウント管理のメリットとは?
1アカウントだけでメール配信を行っていると、ブランド別に配信元(fromアドレス)を切り替えられなかったり、支社・支店間で共有したくない配信先の情報が見えてしまいます。
サブアカウント管理を用いることで、大規模配信特有のお悩みを解決することができます。

サブアカウント管理のメリット

メリット①
複数の配信元(fromアドレス)が使える
サブアカウント管理を利用すると、管理者用のアカウントとは別に、サブアカウントをいくつでも作ることができます。
サブアカウントごとに個別に配信元(fromアドレス)を設定できるので、1社で複数のブランドを展開している場合など、配信元を分けてメール配信を行いたいときに便利です。
メリット②
サブアカウント間で配信先や配信履歴が独立している
サブアカウント管理を利用すると、配信先の管理やメール配信の予約などもすべて、サブアカウントごとに行うことになります。
サブアカウント単位で管理が独立しているので、営業マン間で顧客の個人情報を共有したくない場合や、ブランド同士で配信履歴を分けて管理したいという場合に役立ちます。
メリット③
承認機能で誤配信を防止できる
サブアカウントを作成する際に、承認機能を付与することができ、サブアカウントからの配信時に承認を求めるようになります。
管理者用アカウントにログインして承認することになるので、着任して間もない新ブランドのマーケティング担当者や、新人の営業マンがメール配信を運用するときに適しています。
メリット④
管理者用アカウントから一斉配信できる
サブアカウント管理機能を利用することで、管理者用アカウントから全サブアカウントの配信先に向けて、一斉送信が可能です。
サブアカウントは各ブランドや支社・支店、営業マンごとのメルマガとして配信しつつも、管理者アカウントから一斉配信できるので、全社一斉のセールや重要なお知らせを行うときに便利です。
メリット②
サブアカウント間で配信先や配信履歴が独立している
サブアカウント管理を利用すると、配信先の管理やメール配信の予約などもすべて、サブアカウントごとに行うことになります。
サブアカウント単位で管理が独立しているので、営業マン間で顧客の個人情報を共有したくない場合や、ブランド同士で配信履歴を分けて管理したいという場合に役立ちます。

こんな風に使ってほしい 3つの事例

3つの事例をシーン別に解説します
メール配信を複数ブランドで展開
複数のブランドから
1社で複数のブランドを展開していると、各ブランドのメールマーケティング方針も異なります。サブアカウント管理機能を使って、ブランドごとにサブアカウントを渡しておけば、それぞれのブランド管理者が自由にメール配信を行えます。
もちろん、サブアカウント間での個人情報は閲覧できないようになっているので安心です。
メール配信を複数の支社支店で運用
複数の支社・支店で
会社の規模が大きくなると、支社や支店を広げていきます。それぞれの支社や支店には、マーケティングによる考え方にも特徴がでてきます。サブアカウント管理機能を使えば、それぞれの支社や支店ごとにサブアカウントを渡せるので、支社や支店の方針に沿ったメールマーケティングが可能です。
もちろん、サブアカウント同士の個人情報や配信履歴は閲覧できないようになっています。
メール配信も営業マンが管理
複数の営業マンに
個人の行動が強く評価される営業スタイルを採用している会社にもおすすめです。保険や不動産業界にその傾向が強く現れるようです。営業マン一人ひとりにサブアカウントを渡しておき、各営業マンが獲得した見込み顧客を、メール配信で囲い込むことができます。
営業マンごとのサブアカウントでは、見込み客情報や配信情報をお互いに見ることはできないので安心です。

ここが他社と違う

コンビーズメールプラス独自の特徴を紹介します

確実に届ける!「経路探索型アルゴリズム」

経路探索型アルゴリズムはメール配信システムの心臓部
100万通/時大量配信可能秘密

コンビーズメールプラスは、メール配信に必要な配信サーバーを多数所有・管理しています。
これらのサーバーは過去の配信実績から、サーバーごとに「●●ドメインは強いけど■■ドメインは弱い」など
まるで1台1台が人間のように、それぞれの特徴が出てきます。
配信エンジンは、それらのサーバの特徴をデータとして考慮しながら、
大量のメールを細分化して各サーバーに振り分ける役割を担っています。
これを、最適な配信経路を探索してくれることになぞらえて、経路探索型アルゴリズムと言います。

開封率が15%→35%!?「配信時刻最適化」

配信時刻最適化はメール配信の時刻を個人最適化する

コンビーズメールプラスは、過去に配信したメールを開封したり
リンクをクリックしたり、メールの受信者がとった行動を記録しています。
配信日だけ設定すれば、過去に開封した時刻やクリックした時刻をもとに、
配信するメールの配信時刻を自動的に個人最適化します。
これを、「配信時刻最適化」といいます。(オプション機能)

弊社が発行するメルマガでは、配信時刻最適化オプションを
適用する前の開封率が15%、適用後は35%までアップしました。

価格

大規模配信でもリーズナブルに使える完全定額制

アドレス数による課金のみで配信数は無制限です!

アドレス数 月額(税込)
10万アドレス
54,000円
15万アドレス
81,000円
20万アドレス
108,000円
30万アドレス
162,000円
40万アドレス
216,000円
50万アドレス
270,000円
30万アドレス
162,000円

初期設定費用・サブアカウント管理について

初期設定費用は、アドレス数に応じて変動いたしますので、詳細についてはお問い合わせください。
サブアカウント管理オプションについても、上記の月額とは別途必要となりますので、お問い合わせください。

無料で試す

コンビーズメールプラスのデモアカウントを無料で試すことができます

最長30日間無料お試し

無料お試し(30日間)
コンビーズメールプラスは、最長30日間無料でお試しいただけます。
メールアドレスだけでデモアカウントを発行します
クレジットカードや会社名、お名前など、面倒な入力は一切なく、メールアドレスさえあればデモアカウントを発行可能です。
デモアカウントをそのまま本契約に移行することもできるので、設定しなおす必要もありません。

資料請求・お問い合わせ

コンビーズメールプラスのサービス資料をお送りいたしますので、お気軽にご請求くださいね!
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
個人情報の取り扱いについてをお読みいただき、同意して送信してください。

会社概要

会社名
株式会社コンビーズ
東京本社 〒150-0012 東京都渋谷区広尾 1丁目7-20 DOTビル2F
代表取締役 平井 武
設立 2002年
資本金 9,600万円
代表取締役 平井 武